忍者ブログ
このブログは オンライン対戦麻雀天鳳 をプレイして、その結果を公開するブログです。必ず実力が伴うとは限りません。 そのため、皆様方が見られたら明らかにおかしい 下手などと思われるような内容を公開する可能性があります。 なるべく上達するために努力をしていくつもりですが、もしそのような内容を指摘して頂けたら幸いです。 又、もしプレイされてる方がいらっしゃいましたら、コメントして頂けると嬉しいです。
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結果

一局目:四位

二局目:二位

牌譜

一局目

Dさんでプレイしました
http://tenhou.net/0/?log=2008080416gm-0009-0000-xe849607ae800/

二局目

Aさんでプレイしました
http://tenhou.net/0/?log=2008080416gm-0009-0000-xe849607ae800/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の修正点



・少し強気で打ってみました



今回の簡易的な説明

・攻めしか意識することが出来ませんでした(理由は後程)

・数回明らかなミスがあります

・ヘタクソなのは仕様です。




一局目の説明。

言うまでもなく酷いです。

全体的な打ち方が今までと比べてかなり変化していると思います。



※理由

麻雀格闘倶楽部にて適当な麻雀を打ち続けたため。

最終的には5回程100円でプレイすることができました。


最初の2回程は真面目に打って、放銃も一回もせず100円で続けられてたんですが……

3回程になってくるととにかくだるく感じる。

放銃して終わらせるために相手の立直がかかっても攻めの麻雀を続けていたんですが、当たることはない。

むしろ相手が立直かけた頃にリャンシャンテンだった手が急に入って上がれたりしました。

それで調子に乗って全ツッパを続けていたために、感覚が少し狂ってしまいました。




そのため、放銃数が今回はとにかく多いです。

放銃数が多ければ自分にとって良いところはないと考えていますので、カットさせて頂きます。




二局目の説明。

こちらも良いところはありませんが、それではネタが無くなってしまうので一応。




東一局の配牌。

配牌としては中張牌が固まってて良かったと思います。

が暗刻になってたことが少し残念でしたけど……

9巡目に、対面に發をポンされ対面が二鳴き。

さらに切り。

そろそろテンパイかな?と思いとりあえず萬子と一枚も出ていない東を警戒してとっておくことに。

さらに10巡目に上家が下家のをポン。

こちらも二鳴き。

一局目で適当な麻雀を打っているとどうなるか思い知らされたので普段の打ち方を考え

上家、対面両方に通りそうな を落としました。

この後切ったも上家が切っていたので安牌としてツモ切り。

普段通りのベタ降り。

切った後に下家がツモ。

ツモ チートイツ ドラ2 の満貫2000 4000。

不運なことに親だったので4000点払い。




また同じ展開か\(^o^)/オワタ

と思い三位狙いにいったんですが麻雀にもやはり神様がいるわけで。

東二局、三局はあがることも無く放銃することもなく流れる。

(東二局のツモ切りはミスです。見逃してください)

東三局一本場の配牌。

何これ?どうやってあがれと?

この時点での狙いは三位のみだったのでとりあえず立直をかけることを目標に打ってみました。

(そのわりに東三局国士狙ってみましたが。)

そして上がりの形がこれ

途中で四暗刻のイーシャンテン状態まで持っていけたんですが、やはりなにより上がることが目標。

それに、上がったところでツモられた三人もつまんないでしょうから。

立直 ツモ 役牌 發 赤ドラ1 裏ドラ1 の満貫8000+2000(立直棒)+300(一本場のため)。

そして東四局の配牌。

なにこれ?本気で四暗刻上がれと?

ですが四暗刻は上がる気ゼロでしたので、今度は二位定着のため上がることだけ意識させていただきました。

結果は 立直 ツモ 赤ドラ1の4000。

そして南一局には信じられない上がり。

裏ドラ3って……

しかも唯一の暗刻の西が乗りました。

これでダントツトップ。




しかし運もここまで。

運はどこかへ流れてしまったのか

南一局では半分程ツモ切り。

立直が入ったため安全牌を切る時程度しか入れ替えませんでした。



南二局は上家がホンイツ気配のため萬子は切らず。

立直をかけた対面も危険そうなので降り打ち。

最後はビリの上家が対面に振り箱点。

最後の最後で逆転の跳満を上がられてしまい、結果は二位。

しかし、一局目とは違い放銃も減らすことができ、上がることも出来たので良い風に終えられたと思います。

しかしまだなんとなく違和感が残るところがあったので修正していこうと思います。

これからも当ブログを宜しくお願いします。



現在の状況

和了率:0.232 前回0.233

放銃率:0.121 前回0.119(今回の明らかな下手な打ち方のため上昇)

レート:R1558 前回:R1591

現IDでの最高レート:1872

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

放銃

天鳳

麻雀

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  <<   HOME   >>  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログランキング

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンクをしてページランクアップ!

キャッシング比較

クリック宜しくお願いします。

最新CM
[10/15 NONAME]
[09/11 八゜イ星人]
[09/04 むらた]
[12/02 66db]
[07/26 wakusupaの友達]
最新記事
(08/27)
(08/22)
(08/17)
(08/14)
(08/13)
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ・[PR]